国内業者の税制

国内業者FXの税制


国内業者で取引を行った場合は、申告分離課税になります。

申告分離課税の所得は、総合課税される一般的な所得とは区別されており、
「先物取引に係る雑所得等」になります。


>申告分離課税の税率


申告分離課税では、一律20%が課せられます。
海外業者FXの場合と異なり、利益の多少に関係なく、一律で20%税率となります


確定申告が不要となる特例


給与所得者(会社員、パート、アルバイトなど)には確定申告の際に特例があり、
2000万円以下の年収で、給与所得以外の収入が20万円以下であれば確定申告不要です。
(給与所得者ではない専業主婦などは、38万円以下までは申告不要)
なお、この特例はあくまで申告不要なだけであって、控除されるわけではありません。
他の理由で確定申告する場合は、20万円以下であっても申告しなければいけないので注意が必要です

また、損益通算の繰越控除を受けたいのであれば、損失が出た年から繰越控除が0円になるか、
3年経過するまで、毎年必ず確定申告しなくてはなりません。


損益通算


国内FXの場合は「先物取引に係る雑所得等」ですので、同じ区分の所得内で損益通算が可能です。
具体的には、取引所取引での先物取引(株価指数先物、商品先物取引など)が入ります。
よって、FXの他にも取引所取引の先物取引をしていれば全て内部通算することができます。


損失の繰越控除


国内FX取引の場合、損失が出た場合、翌年に繰越することができます。

例えば、ある年に100万円の損失が出た場合、翌年に損失を繰り越すことが出来ます。
翌年、80万の利益が出たとしても、前年から100万円の損失が繰り越されていて、
これと合算できますので、翌年の利益は0円となり税金が全くかかりません。

これは非常に有利な制度なので、残念ながら損失が出てしまった場合は
しっかり活用するようにしましょう

ただし、損失を繰り越すためには、しっかり確定申告をしなければいけません。
損失は最大3年まで繰り越せるので、損失がなくなるまで、
キッチリ確定申告するようにしましょう